絞って撮るNokton Classic 35mm

2021.11.29PHOTOGRAPH and WOLF

NOKTON Classic 35mm 01

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

写真を取り続けてきて、あのレンズはどうだろう?この組み合わせはどうだろう?という飢えは大分収まってきた。新しいカメラについてはM型ライカくらいにしか興味がないし、遠くの動物を撮るとき以外はマニュアルレンズしか使いたくないし、大きくて重い機材は嫌なので選択肢は限られてくる。ヨドバシのカメラコーナーに行くと1時間以上ウロウロとしたものだか、最近はカメラを見に量販店に行くことすらあまりない。カメラもレンズも片っ端から試したわけじゃないが、いくつか使ってみるとバカなりに自分の傾向と好みがわかってくる。あらゆる場面で、わからない人よりわかっている人の方が、圧倒的に「楽」なのだ。

NOKTON Classic 35mm 02

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 03

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 04

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 05

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

35mmという汎用性に優れた画角も各メーカーから沢山のレンズが発売されている。フォクトレンダーの35mmはNOKTON Classic 35mm F1.4ULTRON Vintage Line 35mm F2の2本を持っていて、どちらもコンパクトで味わい深いレンズだが、ハッキリとした違いがある。それは絞りを開いたときと絞ったときの描写の幅の広さだ。ウルトロンは非球面レンズを使っているせいかどのF値でも割と上品と言うか大人しい感じで、それに対しノクトンクラシックの場合はF値によってかなり幅広い表現ができるオールドスタイルだ。この「幅」が結構嬉しい。ホロッと撮りたいとき、バチッと撮りたいとき、両方の期待に応えてくれるレンズである。世間で評価されがちなファジーな開放値はほとんど使わない。食事をしている対面の妻を撮るときは必ずと言ってもいいほどF2、3m以上離れたものについては概ねF5.6かF8を選んでいる。このレンズをつくったメーカーも、使っているユーザーも、おそらく開放と開放近くの絞りにおける雰囲気が特長であり魅力であると感じていることだろう。もちろん僕も開放近くの絞りは嫌いじゃないが、どちらかと言うと絞って撮ったときの描写力に惚れ込んでいる。開放近くはファジーなくせに絞るとこんなにイイの?ユルイのとハードなのどっちもイケちゃうの?そんな贅沢許されるの?というわけである。妻や犬たちを撮るときは少々ゆるく、自分だけの写真のときはグリグリにハードに、といった使い分けが出来てしまうのだ。僕だけかもしれないが、このレンズについては絞ったときの評価がとても高い。強めの現像処理にも充分耐えられる。

NOKTON Classic 35mm 06

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 07

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 08

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 09

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

気がつくと今日も明日も絞って撮っている。使いたての頃はボケ具合を確認する目的で開放近くのF値で頻繁に撮っていたが、絞りを開きすぎると結局写したい部分が「写らない」ため、次第に絞って撮るようになった。撮りたいものがちゃんと写ってないなら意味がない。往々にして背景をぼかしがちなポートレート撮影でも、ロケーションを要素として取り込まないのはもったいない。旅行先で撮る家族の写真も、ぼかし過ぎてロケーシをョンがわからない写真ばかりだと、どこ行ったのかわからない写真になってしまうだろう。逆にロケーションや時刻や状況を曖昧にしたい場合には、絞りを開いて撮る方が合っている。その場合、写真の中に含まれる情報は少なくなる。絞りを開くか、絞るか。焼きつけたい情報があるのか、あえて情報を少なくしたいのか。目指すものが違うだけで、同じものを撮ってもまったく違う写真になる。同じものを絞りを変えて何枚か撮るのは使っているレンズをまだ理解していないからで、開いて撮るか絞って撮るかなんて本当はファインダーを覗く前から決まっている。

NOKTON Classic 35mm 10

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 11

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 12

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 13

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

NOKTON Classic 35mm 14

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC

開放がF1.2とか1.4のレンズのことを「明るいレンズ」と言ったりするが、ISOを自在に変えられる現在のデジタルカメラを前提にすると、その表現は相応しくない。F値はもはや明るさではなく被写界深度の話だから「浅いレンズ」と言い換えた方が合っている。F値を絞るということは「深く」して撮るということだ。浅いより深く。そう言い換えると、なるほどそうかと納得できる。「広く浅く」より「狭く深く」という方が性に合ってるからだ。

絞って撮るノクトンクラシック35mmは最高だ。開いたときの描写も高得点だが、絞ったときの描写には100点を上げたい。同じラインナップの40mmも同じかと思いきや、どういうわけか近いようでニュアンスが違っていた。焦点距離5mmの違いは想像以上に大きい。35mmは1度壊してしまい、買い直したことにあるレンズだ。今は手放してしまったが、ソニーEマウント版もなかなかいいレンズだった。年くって神経が鈍感になったジジイがフニャフニャ撮り歩いてまた壊してしまっても、懲りずにまた買い直すつもりだ。

NOKTON Classic 35mm 15

SONY α7S / Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4 Ⅱ MC